僕が彼女と出会ったのは社内の飲み会でした。

彼女の名前は洋子、同じ部署で働いたことはなかったが親しい社内の友人と洋子が同じ部署だったこともあり飲み会に参加していた。

第一印象は、明るい子だなと思う程度だったが隣の席で話していると甘え上手なのかついちょっかいを出したくなるような子だった。

その日はお互いの年齢や趣味、連絡先など交換して飲み会が終わったが次の日にLINEが彼女から来て連絡を取るようになっていった。

僕は結婚して2年になる妻がいて、関係も良好だったが久しぶりに女性と連絡を取ることでテンションが上がってしまい妻に悪いと思いつつも洋子との連絡を続けていた。

もちろん洋子も僕に妻がいることは知っていたが妻の話をするわけでもなく、共通の趣味の話やわざとかわからないが2人で食事に行きたいなどと言っていた。

不思議なものでLINEでしかやりとりをしていないのにすっかり洋子とのLINEにはまってしまい次の飲み会では近くでもっと話そうということになった。

いよいよその日飲み会の日、前回会ってから既に1ヶ月後だったが毎日のように連絡を取っていたので最初から親しげに話が出来た。

ふとしたタイミングでテーブルの下で手が重なってしまったが、洋子はギュッと手を握ってきた。

驚いたが何故か官能的な気分になり、テーブル下でお互いの手を触りあつていた。

ダメだとわかっていたが、止めることが出来ずお互いトイレに行く途中でキスをしてしまった。

流石に社内の飲み会なので、その場ではそれ以上の行為はなかったが飲み会も終わり帰るタイミングで洋子から「もう帰るんですか?」とLINEが入り、帰るふりをして周りと別れ洋子と二次会へいくことに。

その後は、そのまま一人暮らしの洋子宅へ行きセックスをしてしまった。

妻への後ろめたさや後悔もあったが洋子も特に付き合うなどと言わず、その後も月2ほどの、ペースで関係を持ってしまいました。

僕が県外へ転勤になると同時に関係は解消しましたが、不倫中は楽しさと妻への後ろめたさで何とも言えない日々が続きました。

良くないとわかっていても止められない欲求があるんだと感じた体験です。

【重要】不倫の際の注意点やポイント
【1】バレないように不倫するには!?
【2】バレても慰謝料払わずに済む方法
【3】本気で好きになった場合の選択肢
【4】浮気を疑われた時の良い返し方
【5】バレない不倫相手の探し方とは?