私は、1歳の子供と妻と暮らす27歳の男です。

仕事もプライベートも順調です。周りの友人たちからは、「君たち以上に幸せな家庭を知らない」と言われるほどでした。

そんな私ですが、家族を裏切ったことがあります。私には、年上女性との不倫経験があるのです。

ある日、私は5日間にわたって開催されるセミナーに出席しました。

セミナーの内容は、リーダーシップの育成。高額な有料セミナーであったため、髙い目的意識を持った人が大勢集まりました。

そんな中で、一目合った時から気になる女性がいました。とても柔らかい印象の笑顔がステキな女性です。

名前はKさん。年齢は私よりも5歳年上ですが、年齢を感じさせない若々しさに満ちていました。

セミナー初日の昼休み、私はKさんをランチに誘いました。

お互いの自己紹介をして、働いている業種や、セミナーを受講したきっかけなどをシェアしました。

私は結婚していて妻子持ちであることも伝えました。当たり障りのない会話を楽しんだ後、連絡先を交換してセミナーに戻りました。

私には、久々に感じる胸の高鳴りがありました。

セミナー受講中、私はKさんが気になってしまい講義内容に集中できませんでした。

講義終了後、「このままではいけない」「何をしにやってきているんだ」と自分に喝を入れ猛省しました。

セミナー開催地が遠方だったため、私もKさんも会場最寄りのホテルに宿泊していました。

私が部屋に戻り、今日一日の講義内容を振り返ろうとした矢先、携帯電話に着信が入りました。

Kさんからでした。「近くに海鮮が美味しいお店があるらしいの」「温泉も近くにあるから、よかったら行ってみない」という誘いでした。

私はふたつ返事でOKしました。

二人で海鮮料理を食べたあと、温泉に入りました。とても楽しい時間を過ごしました。

温泉では、Kさんのすっぴん姿をみることもできました。本当にキレイな人だと思いました。

ホテルに戻る際に、私はあろうことか、「僕の部屋でお話ししませんか」と誘ってしまったのです。

「いいですよ、一度自分の部屋に戻って準備したら伺いますね」とKさん。その後、私はKさんと身体の関係を持つことになります。

もう無我夢中でした。私は、この体験が現実か夢か分からなくなるぐらい我を失っていました。

それからは、毎日一緒にランチを食べ、夜は身体を重ねました。いけないことだと分かっていても、どうにも止まりませんでした。

セミナー最終日の夜、Kさんから「これでお別れね。家族を大切にしてね」と言われお互い帰路につきました。

それからKさんとは音信不通になりました。

帰宅後、私の到着を心待ちにしていてくれた妻と子供の顔を見たとき、涙が溢れました。

取り返しのつかないことをしてしまった罪悪感と、それを背負って生きていく重みがいまでも私の背中にのしかかっています。

【重要】不倫の際の注意点やポイント
【1】バレないように不倫するには!?
【2】バレても慰謝料払わずに済む方法
【3】本気で好きになった場合の選択肢
【4】浮気を疑われた時の良い返し方
【5】バレない不倫相手の探し方とは?